スタッフの声

ケアヴィラ伊丹で働くスタッフから皆さんへメッセージ!

介護士 (2017年入職 一般棟 秋庭健宏)

介護士 (2017年入職 一般棟 秋庭健宏)

私の父母が高齢になってきているため、将来支えていかなければいけないと思ってこの仕事を目指しました。僕は未経験で入職したこともあり、毎日勉強、チャレンジと思いながら仕事をしています。最初はオムツ交換に難しさを感じましたが、わからないことがあればすぐ聞ける環境が整っていますのですごくやりやすいです。

利用者様が言ってくれる「ありがとう」がやりがいを感じさせてくれていますし、笑顔になってもらえるところが魅力です。ぜひケアヴィラ伊丹の一員として一緒にがんばっていきましょう!!

介護福祉士 (2017年入職 一般棟 河辺順)

介護福祉士 (2017年入職 一般棟 河辺順)

これからますます高齢化社会になっていく為、需要と供給を考えこの職を選択しました。

前職はコンピュータ関係の仕事をしていたこともあり、人から直接感謝される事が少なかったのですが、「ありがとう」や「助かった」などの言葉を聞くとやりがいを感じます。

また他の施設でも介護経験があり、施設ごとにやり方が違う場合もあって心配でしたが、アットホームな雰囲気で馴染みやすく、経験者でも丁寧に指導してくれます。

介護福祉士 (2011年入職 一般棟 藤原恵美)

介護福祉士 (2011年入職 一般棟 藤原恵美)

中学生の頃から介護という仕事に興味があり、人の役に立ちたいと思ってこの仕事を選びました。

介護の仕事は体力勝負なので大変な事も多いですが、ゲストさんと楽しく笑って話している時はほっとしてやりがいを感じます。

スタッフは全員明るく元気があり、コミュニケーションもしっかり取れているので、年齢関係なく仲が良く、子育て中のママも多く在職していてとても働きやすい職場です。子育ての悩みや情報交換もでき、子どものイベントの日も休暇を取れるので、子どもとゆっくり過ごせる時間もたくさんできます。

介護士 (2016年入職 認知症専門棟 南奈緒子)

介護士 (2016年入職 認知症専門棟 南奈緒子)

今までずっと営業職ばかりでしたがもっと人の役に立ちたい、笑顔が見たいと思いきって転職しました。

施設内はとても明るい雰囲気で、いつも清潔で気持ち良く働けます。職員向けのイベント食があり、目の前で仕上げてもらうのでわくわくします。とっても美味しいです。

人対人の仕事なので意思の疎通がうまくいかない時もあります。ですがそれも勉強、経験につながり、自分の成長に繋がっているのが実感できるのでやりがいがあります。

相手を想い一生懸命に接したら必ず伝わります。私達と一緒に施設を笑顔いっぱいにしましょう!!

看護師 (2015年入職 認知症専門棟 山端幸代)

看護師 (2015年入職 認知症専門棟 山端幸代)

病院のように治療を優先ではない為、スケジュールが密でない分、ゆとりをもって仕事に取り組めます。ドクターやナースが少ない分、1人で急変の対応をしていく機会が多く責任の重さやプレッシャーを感じますが、認知症ケアやターミナル看護の経験を積むことができます。さらに入所者と長期的に係わっていくので、向き合った看護ができます。

育児との両立、ワークライフバランスの充実、時短勤務などライフサイクルに応じた働き方を応援しています。眠っている能力を生かしませんか?

介護福祉士 (2010年入職 認知症専門棟 河村麻祐子)

介護福祉士 (2010年入職 認知症専門棟 河村麻祐子)

認知症の方々が相手なので、対応が困難なことも多いですが、出来る限り穏やかに過ごしていただけるようにコミュニケーションを大切にしています。やはり利用者の笑顔が見れると嬉しくなります。

子どもが小さく体調を崩すことも多いので、急遽お休みを頂いたり早退させて頂くこともありますが、上司も同僚も理解があり助けてもらえるので、仕事と家庭の両立ができています。フロアは同年代のスタッフも多く、明るくて賑やかです。仕事は大変ですが、とても働きやすい環境です。